FC2ブログ

ゴールデンウィークの営業について

 2011-04-29
ゴールデンウィーク中は、日曜日以外営業しております。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト



ピザ風まぜそば@たんろん 26日

 2011-04-26
怒涛のまぜそば第4弾ファイナルステージ
「ピザ風まぜそば」をいただいてきました。
SN3J0219.jpg

ピザ風と聞いて、スパゲティーミートソースのようなものを想像していましたが、チーズがしっかりきいた「まぜそば」でした。

トッピングは、トマトベースのソース、ブラックオリーブ、ブラウンマッシュルーム、ピーマン、生玉ねぎ、サラミ
SN3J0220.jpg

途中、別添えのタバスコに良く似た「タンロンスコ」をかけると、辛味でまた食欲が湧いてきます。
生玉ねぎの辛さもアクセントになっていました。
SN3J0224.jpg

遊び心もあって、なかなか楽しくおいしいラーメンでした。
これは、赤ワインに合うと思います。

一度、ワインとまぜそばのマリアージュをやって欲しいな~
(たんろんのキャラに合わないですが…w)

5/1(日)までです。昼15食 夜15食限定

めんバーガー@たんろん

 2011-04-23
たんろん怒涛のまぜそば第3弾

「めんバーガー」を食べてきました。
知り合いの方が美味しいといっていたので、いきなり特盛のXLを頼みました。
バンズの代わりに麺が固めてあるのかな?と勝手に想像していましたが、出てきたのは「まぜそば」。
SN3J0167.jpg

ケチャップのようなソースとマスタード、タルタルソースかかっています。
トッピングのスライスチーズが溶けて、味に深みを増します。
SN3J0170.jpg

レタスのシャキシャキした歯ごたえがいいですね。
ミンチがたくさん入っていて、なかなかのボリュームです。
たんろんブログに、「L、XLと対戦する場合は1階級下げて対戦するなど十分ご注意ください。」と書かれてあるのに納得しました。。。

ケチャップのようなソースのピリ辛の刺激とマスタードの香りが、最後まで飽きさせる事無く食べさせてくれますが、これにピクルスなどあればさらに遊び心を満たしてくれるのでは?と思いました。

今回もミニトーストが別売りでありましたが、さすがに入りませんでしたw
SN3J0171.jpg

4月23日(日)まで 昼15食 夜15食の限定です。お急ぎください。

カルボナーラ

 2011-04-15
昨日、たんろん限定まぜそば第2弾
img1bddf141zik8zj.jpg

「カルボナーラ」を食べてきました。
麺を湯がいてる間に、ベーコンをフライパンで炒めていました。
この香りが、また食欲をそそります。
s-SN3J0130.jpg

しばらくして出できたまぜそばの真ん中に、卵黄がどーん!
そのまわりにバジルが散らしてあり、玉ねぎの薄切りとベーコンがのってます。
熱いうちにそれをかき混ぜると、熱が通ってスープの粘度が増します。
『OH! まさに、カルボナーラ』
s-SN3J0131.jpg

かりっと焼かれたベーコンを噛むと、ハーブのいい香りがしています。
このベーコン。ご親戚の信州のペンションから手造りの物を仕入れているようで、なかなかいけます。


s-SN3J0132.jpg

残ったスープに、ミニトースト(50円)をつけて食べました。
フランスパンのようなトーストで、サクッとしています。
ラーメン屋さんで、パン
できれば、辛口の白ワインも飲みたいな~w

17日(日)まで  昼・夜 各15食限定

ソースまぜそば@たんろん 5日

 2011-04-06
たんろん怒涛のまぜそば4連発
img1bddf141zik8zj.jpg

第1週目の「ソースまぜそば」食べてきました。
SN3J0106.jpg

7時過ぎ頃行くと店内が満員!
多くの方が、この限定のソースまぜそばを頼んでました。

油そばのような太い麺の上に、チャーシューと炒めた?キャベツと細切れチャーシュー、イカ天のような天かすと魚粉、刻みネギがのってあり、麺はソース味のタレで和えています。
ソース味と言っても焼そばのように酸味が前面に出ているのではなく、そこは油そばに定評のあるたんろんらしく、上手にまとめられていました。
SN3J0107.jpg

一緒に出された「マヨビーム」と書かれたマヨネーズをかけると、味に深みが増します。
このマヨネーズも酸味が強くなく卵の味が出ていて、もしかして自家製?と思うくらいいい味してました。
SN3J0108.jpg

麺のモチモチ感、天かすのカリカリ感、キャベツのシャキシャキ感
いろんな食感が楽しめておいしかったのですが、どうしてもビールが飲みたくなる衝動をライスを頼んでなんとか抑えましたw

お釣りを義援金ボックスに入れて、僅かですがおいしく復興支援させていただきました。

並750円 大盛り850円 特盛り950円
4月10日(日)まで 昼15食 夜15食
お早めに

イケダワイナリー@山梨 勝沼

 2011-04-05
続いて、イケダワイナリーさんに訪問。
DSCF6652.jpg
小さなワイナリーですが、中にはステンレスタンクや
DSCF6648.jpg
熟成樽が所狭しと並んでました。
DSCF6649.jpg
母屋に通してもらって、いろいろテイスティングさせていただきました。
池田さんです。
DSCF6651.jpg

こちらのワインを仕入れさせていただきました。
SN3J1556.jpg
右から
「樽熟甲州」白 2009年産 720ml やや辛口 1,575円
甲州種ぶどうは古くより山梨県勝沼の地で愛され育まれているぶどうです。食用としてだけではなく、白ワイン用の原料としても多く使われており、特に和食との相性がよいことで人気を得ています。
甲州種からすっきりした辛口白ワインを造りました。近代的なステンレスタンクで発酵することでクリーンでフレッシュな香りを醸しだし、古い樽の中で熟成させることで、樽の薫りを足さずに落ち着いた熟成の効果を引き出しています。
甲州種ぶどうのさわやかなアロマ、柔らかな熟成香と生き生きとした酸味が口の中に広がり、心地よい余韻を楽しめます。
すっきりとした辛口ワインなので、和食、洋食、いろいろな料理に合わせることができるワインです。

「セレクト」(白) 2009年産 720ml やや辛口 2,100円
勝沼の中でも特に優良な産地として評価されている菱山地区の甲州種ぶどうを樽発酵した高級辛口白ワインです。
10月中旬に収穫、フランス産の新樽の中でゆっくりと発酵、熟成することで、果実の香りを引き出し、程よい樽の風味がワインの味わいを引き立てます。
柑橘系の果実味とヴァニラのような樽の風味の絶妙なバランスの中に力強さ、繊細な味わいを持つ、エレガントな白ワインです。
魚料理や和食に合います。
2,400本限定。

「甲州遅摘み」白 2009年産 720ml やや甘口 1,575円
甲州種ぶどうを遅摘み、熟したぶどうを使った、ほんのりと甘い爽やかな白ワインです。
ぶどうの薫りを引き出すために発酵は樽の中で行い、熟成はステンレスタンクで行います。この製法により樽の薫りが付きすぎず、かつフレッシュなぶどうの香りを残すことができます。
完熟した柑橘系の果実香とハチミツのようなさわやかな甘味、新鮮な果実の酸味が味覚を刺激します。
特に寿司や日本料理に評判。

「巨 峰」ロゼ 2009年産 720ml やや甘口 1,365円
ぶどうの王様・巨峰からフレッシュでフルーティーな、ほんのり甘いロゼワインを造りました。
美しいピンクの色合いと巨峰の持つマスカット系のフルーツ香、さわやかな果実味とさわやかな甘さが、いつまでも味覚を楽しませてくれます。
程良い甘さと果実味で、ワインの苦手な方でも、また甘口が好みでない方でも、充分に楽しんで頂ける、バランスの優れた人気のロゼワインです。
食前酒や食後酒としてもおいしく、おつまみや軽い食事に合わせてもOK。

「マスカットベリーA」 赤 2009年産 720ml ミディアム 1,575円
イチゴのような甘い香りとさわやかな果実味、柔らかなタンニンが楽しめるミディアムボディの赤ワインです。
軽いろ過による瓶詰めのため、澱などの沈殿物がありますが、品質には問題ありません。
ワインの味わいをお楽しみください。


「ヴァン・ルージュ」赤 2008年産 720ml ミディアム 1,575円
高級赤ワイン専用品種カベルネ・ソービニオンと日本生まれの赤ワイン専用品種マスカット・ベーリーAのぶどうを使い、ミディアムボディーの赤ワインを造りました。
甘いベリーの香りと豊かな果実味、柔らかなタンニンが楽しめるワインです。
樽熟甲州と並ぶ、イケダワイナリーの定番ワイン。チーズや肉料理に合います。

山梨ワイン

 2011-04-03
勝沼ぶどう郷ユースホステルに宿泊して、
DSCF6616.jpg

山梨2日目
早朝から、「山梨ワイン」さんに訪問しました。
DSCF6634.jpg
息子さんの野沢たかひこ氏に畑やワイナリーを案内していただきました。
DSCF6646.jpg

DSCF6644.jpg

DSCF6642.jpg

いろいろ試飲させていただきまして、弊店では以下のワインを仕入れさせていただきました。
SN3J1612.jpg
左より(商品説明は山梨ワインHPから)

『ソルルケト甲州’10』

【小売価格】 1,300円 750ml

【原料葡萄】山梨県産甲州種(自社畑中心)

【タイプ】辛口

【コメント】
イラストレーター玉置真理さんデザインのラベルです!爽やかな柑橘香とフレッシュな果実味をイメージして描いていただきました。

“ソルルケト”はラテン語で、“太陽が輝く”の意味です。太陽の日差しをいっぱいに浴びて熟した甲州種をイメージして名付けました!

グラスに注ぐと、カボス、柚子、花梨、夏蜜柑のような爽やかな果実の香りが広がります!醗酵前に果皮を漬け込むスキンコンタクトをしているので香りは特に強調されています。

軽やかな果実味で飲み心地が良く、酸味とのバランスが抜群です!若干の苦味や醗酵時の炭酸ガスがアクセントとなっています。口中での香りの広がりもあり、旨味も感じられます。また、すっきりした辛口で、とても自然な味わいになりました。余韻に柑橘香が心地よく残ります。

【料理との相性】
山梨の郷土料理と言えば“ほうとう”ですが、この味噌風味、カボチャの甘みやキノコにとても良く合います。お鍋をして、柚子胡椒やポン酢でいただいてもOKです。寿司など和食にもお勧めです。

   
『Four seasons(フォーシーズンズ)2009』

【小売価格】 2,100円 720ml

【原料葡萄】 勝沼町産甲州種

【タイプ】 辛口

【コメント】
ジャパンワインチャレンジ2010、国産ワインコンクール2010において、銀賞を受賞しました!
勝沼ワイナリーズクラブの厳正な品質審査会に合格した証として、オリジナルの勝沼ボトルに詰められています。

厳選した勝沼町産甲州種を100%使用し、ステンレスタンクにてじっくりと低温醗酵させています。その後、樽醗酵ワインとブレンドし、瓶詰めしました。

日本の柑橘類、カボス、柚子、橙、花梨、グレープフルーツのような香りに、オークのほのかな香りが加わって、とても複雑で芳ばしい香りとなりました。味わいは、柑橘類のようなフレッシュな果実味、生き生きとした酸味に、少しの苦味のバランスがとても良く、口中での果実香と樽香も奥行きを感じます。

果実香と樽香とのバランスを重視しました。果実香の裏にほのかな樽香が感じられるのが特徴です。甲州種の特徴をなるべく自然な形で残そうとしたワインです。

【料理との相性】 
甲州種で醸したワインは、なんといっても和食との相性が抜群です。山菜、根菜の天麩羅・煮物、鍋物など、ポン酢、スダチなどを使ったソースにとても良く合います。

Four seasons(四季)の名の通り、四季それぞれの食材と共に、楽しんで、様々な“味”の発見をしてくださいね。


『甲斐路(かいじ)』 

【小売価格】 1,550円 720ml

【原料葡萄】勝沼産甲斐路

【タイプ】甘口

【コメント】
甘い洋ナシのような香り特徴的!ライチ、マスカット、洋ナシのリキュール、メロンや杏のような香りも感じられます。

味わいは、ねっとりした甘味と濃厚な果実味があり、昨年よりも酸味は控えめです。この味わい、洋ナシの甘味と果実味にとても似ていると思います。完熟した甲斐路ぶどう100%だからこうした甘い香りになるんですね!

【料理との相性】
お勧めは、洋ナシなどのタルトと合わせて飲むことです。この甲斐路を使ったワインゼリーやシャーベットもおいしそう!ライチにも合いそうです。良く冷やして召し上がりください。


『ベルカント マスカット・ベリーA樽貯蔵2009』

【小売価格】 2,100円

【原料葡萄】 勝沼町産マスカット・ベリーA
【タイプ】 辛口ミディアムボディ

【コメント】

---イラストレーター玉置真理さんデザインのラベルです---

ベルカント(Bel Canto)とはイタリア語で“美しい歌”の意。
良年のマスカット・ベリーA種を、ブルゴーニュのワイン造りを参考にしながら、ステンレスタンクにてじっくりと3週間醗酵させました。若干のセニエ(液抜き)で、果実味が凝縮され、しっかりした渋みが感じられる深みのある味わいとなりました。樽熟成は3ヶ月間のみ、と抑え、果実味を重視しています。

干しプラム、カシス、甘草、ミルティーユ、クランベリー、黒胡椒やミントを思わせるきれいな果実香が特徴的で、樽熟成によるモカやカカオのような香りも感じられます。口中では、凝縮感のある果実味が感じられ、しっかりした渋み、酸味があり味わいのバランスがとれています。若干の苦みがアクセント。口中での香りは広がりがあります。

無濾過で、果実味主体の自然な味わいです。
     
【料理との相性】 トマトソースにとても良く合います。皮目をしっかり焼いた鶏肉、鶏肉のトマト煮込み、鶏とゴボウの炒め物、ビーフシチューなど、幅広く気軽に合わせることができ、料理の味わいを引き立てます。

映画の日 1日

 2011-04-02
観てきました。ザ・ファイター
嫁さんが色々と忙しかったので、ひとりで・・・

誰も起こしてくれないという緊張感からか、映画が面白かったのか、一睡もしませんでしたw
切っても切れないのが、兄弟・家族なんですよね~
試合のKOシーンは、鳥肌ものでした。

いや~1,000円で、ええもん観せてもらいました。

[広告] VPS
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

hamaebisu

Author:hamaebisu
酒とラーメンをこよなく愛する
灘西宮ユアサ酒店三代目
地元西宮を中心に食べ歩いたり、店の商品に手をつけたり・・・
ブログと言うか日記です。(笑)

ユアサ酒店
西宮市東町2丁目1-29
営業時間9:00~19:00
定休日 毎週日曜日

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: